きらり君
閉じる

JA北つくば

組合員の皆様へ

梨・バラの銘柄産地4地区が更新

銘柄産地指定交付式

 平成27年第1回青果物・花き銘柄産地指定証交付式が9月30日、筑西市の筑西合同庁舎で開かれました。今回、県西地区では同市下館地区のJA北つくば下館果樹園芸組合、関城地区のJA北つくば関城梨選果場・関城梨部会、八千代町のJA常総ひかり八千代地区梨部会が生産する梨と、古河市のJA茨城むつみ三和地区花き生産部会が生産するバラが県の銘柄産地指定を更新。茨城県西農林事務所の小野田徹弥所長から、市・町長に指定証が手渡されました。
 銘柄産地指定を受けた下館地区は、適切な栽培管理の徹底により大玉生産がされ、品質の評価も高い産地。青年部・婦人部を中心として、市場研修活動などを積極的に実施するなど産地体制の育成・強化に努めています。組合戸数は52戸で作付面積は39.7ヘクタール。
 関城地区は、江戸時代末期から梨栽培の歴史があり、生産量は県内第一の産地。ハウス梨や晩生品種を導入し、出荷時期の拡大を図っています。部会戸数は100戸で作付面積は90ヘクタール。下館果樹園芸組合の松長保組合長は「先輩たちが築いてきた歴史を汚すことなく、これからも努力し梨産地を守っていきたい」と抱負を語りました。
 茨城県では1982年から青果物銘柄産地指定制度を開始。現在県内で55産地が指定されており、3年ごとに更新のための審査を受けています。

組合員の皆様へはこちら