きらり君
閉じる

JA北つくば

平成28年仕事始めの会

仕事始めの会 
JAは1月4日、筑西市の営農経済センターで役職250人が出席し、平成28年「仕事始めの会」を行いました。國府田利夫組合長は年頭のあいさつで、年々激しさを増す自然災害や異常気象による農作物への影響を危惧するとともに、「昨年は改正農協法が成立しTPPも大筋合意されるなど、JAを取り巻く状況は厳しいものとなった。役職員が一致団結して課題を克服していかなければならない」と話し、難題を乗り切るためには職員の人材育成が必要と強調。「専門的な知識を備え、信頼される職員となって組合員の皆様の期待に応えていくJAを目指していこう」と訓示しました。
 その後、永年勤続、信用・共済事業の優績者、ふれあいイベントの優秀支店の表彰を行いました。結びに全員でJA綱領を唱和し、新たな1年のスタートを切りました。
 仕事始めの会終了後には、國府田組合長はじめ役職員10人が雨引山楽法寺(桜川市本木)を訪れ、平成28年度の事業計画必達に向けて護摩祈願をしました。

新着情報一覧はこちら