きらり君
閉じる

JA北つくば

平成29年度(第24回) 通常総代会開催

JA自己改革の確実な実践
農業者の所得増大と地域貢献を目指す

メイン_R

 JA北つくばは4月22日、筑西市生涯学習センター「ペアーノ」で平成29年度(第24回)通常総代会を開きました。各地区の総代684名(うち書面議決236名)が出席しました。
 総代会で國府田利夫組合長は、「JAに課せられた使命は、共同活動を提供し、農業者の所得を向上させることである。今まで以上に営農指導事業における専門性と販売力を強化し、生産資材仕入れ方法の見直しを図り、地域農業を第一に捉え、経済事業を中心に自己改革を進めていきたい」とあいさつしました。
 議案審議では、下館地区の水越修一総代を議長に選出し、執行部より提出された8議案を慎重に審議。平成28年度の事業報告や平成29年度の事業計画「JA3ヵ年計画(第2年次)」を原案通り可決しました。
 また、3名の生産者が営農振興功労表彰を受賞し、國府田組合長より感謝状と記念品が手渡されました。

新着情報一覧はこちら