きらり君
閉じる

JA北つくば

「にじのきらめき」栽培管理を確認

JA北つくば営農経済部米穀販売課は5日、筑西市明野地区の圃場(ほじょう)で水稲新品種「にじのきらめき」の栽培講習会を開きました。生産者やJA、行政、肥料メーカー32人が参加し、これまでの生育状況や今後の栽培管理などを確認しました。「にじのきらめき」は、コシヒカリに比べ高温耐性と耐倒伏性に優れ、イネ縞葉枯(しまはがれ)病に抵抗性を持っています。また、高温耐性が強いため、乳白粒や背白・腹白・未熟粒が少ない特性があります。19年産米では、平均して10㌃あたり約10俵の収量となり、多収で農業者の所得増大に期待できることから、JAでも作付けを推進しています。19年産米は、生産者7人で16㌶だった面積を、20年産米では、50人を超える生産者が約160㌶に面積を拡大させ栽培に取り組む予定です。

新着情報一覧はこちら