きらり君
閉じる

JA北つくば

学校を花で彩り心に癒しを

JA北つくば結城支店と結城南支店は18日、結城市内の小・中学校へパンジーとビオラの苗を寄贈しました。苗は、JA北つくば花き部会結城支部の生産者4人が8月中旬に播種(はしゅ)し、心を込めて管理してきたものです。新型コロナウイルスの影響で、学校行事や地域のイベントなどが中止となり、先行きが不透明な中、花を飾ることで心を癒してもらおうと企画しました。この取り組みは、JA地域貢献活動の一環として、心豊かで健全な青少年の育成や顔の見える産地として地域農業に関心を深めてもらうことを目的としています。

寄贈では、パンジー1200株、ビオラ1200株を同市の小学校9校と中学校3校へ1校あたり200株を配布しました。苗を受け取った先生は、「とてもありがたい」「学校が明るくなる」などと笑顔で話していました。

また、翌日の19日には、同市結城の市役所駅前分庁舎で、贈呈式が開かれ、JAの吉川君男組合長から同市教育委員会の小林仁教育長へパンジーとビオラの苗を寄贈しました。

吉川組合長は「JAでも豊かで暮らしやすい地域社会の実現に向けて、さまざまな取り組みをしている。学校を花で彩り、児童や先生の癒しになれば」と話し手渡しました。

小林教育長は「新型コロナウイルスの影響で、気持ちが沈んでいる中、花で学校を飾れると心に潤いがでてくる。こうした取り組みはとてもありがたい」と感謝を述べていました。

配布した色とりどりの花は、各学校の花壇などに植えられた。また、JA両支店の入り口付近にもプランターで飾られ、来店者の目を楽しませています。

 

ご感想ご意見等のお問い合わせはこちらからお願い致します。

新着情報一覧はこちら