きらり君
閉じる

JA北つくば

組合員の皆様へ

良質米生産に向け講習会

 

JA北つくば大和良質米生産研究会は6日、桜川市大和地区の圃場(ほじょう)で、水稲現地栽培講習会を開きました。生産者や県西農林事務所経営・普及部門、JA職員ら24人が参加し、「コシヒカリ」や「ミルキークイーン」の良質米生産に向けて栽培管理を確認しました。

同会の飯島三省会長は、「安全・安心・良質な米を消費者は求めている。栽培管理や病害虫防除などこれから重要になってくるので、講習会でしっかり確認してほしい」とあいさつしていました。

講習会では、同部門の齊藤賀一主任が、今年の気象状況からの水稲の生育について説明し、6月28日現在の「コシヒカリ」の生育状況は、草丈は平年並みからやや低く、茎数は平年並みからかなり多く、葉色は平年並みからやや淡いという調査結果となりました。同圃場の幼穂長を確認したところ、5月2日に移植した圃場の出穂期は、7月24日頃になる見込みです。次に、病害虫防除や中干し後の水管理について話し、「中干し後は、根に酸素を供給するために、入水と自然落水をしっかり行ってほしい」と強調していました。

同会は、高品質な米づくりと生産性の向上を図ることを目的に、38人の生産者が集います。栽培講習会や視察研修で栽培技術の向上を図り、収穫後には、同部門にコシヒカリの食味値測定を依頼し、味にこだわった栽培にも取り組んでいます。また、JA北つくばファーマーズマーケット「きらいち」では、「ミルキークイーン」の販売が好調なことや卸売業者からの要望等もあり、同地区では20年産より「ミルキークイーン」の栽培にも力を入れ、21年産も栽培面積を増やし、現在は12人の生産者が15.6㌶を作付けしています。

ご感想ご意見等のお問い合わせはこちらからお願い致します。

組合員の皆様へはこちら