きらり君
閉じる

JA北つくば

組合員の皆様へ

みんなでおいもほり/女性部も協力し料理を提供

 

 JA北つくば子育て支援センター「はだしっ子」は18日、企画あそび「みんなでおいもほり うんとこしょ!どっこいしょ!」を、筑西市西方のJA北つくばファーマーズマーケット「きらいち」筑西店の体験農園で開きました。JA管内(筑西・桜川・結城市)在住の12家族31人が参加し、サツマイモの収穫を体験しました。

 収穫したサツマイモは、親子らが5月の定植体験で植えたもの。自ら植えたサツマイモを収穫し、収穫の喜びを感じてもらうことが目的で、JA職員や同店のスタッフらが除草作業などの畑の管理をしてきました。

 親子らは畑に入ると、土を掘りサツマイモを探した。土の中からサツマイモが顔を出すと、子供たちは「うんとこしょどっこいしょ」と掛け声をかけ、力いっぱい引き抜きました。「おおきいのがとれたぁ」「ママみてーおもしろい形してる」と、大きく成長したサツマイモに歓声を上げながら収穫を楽しみました。収穫したサツマイモは、自宅へと持ち帰りました。

 また、収穫後には、JA北つくば女性部の利根川秀子会長はじめ同部役員手作りの、かまどで炊いたサツマイモごはんやサツマイモの天ぷら、お芋スティックが、親子らに手渡され、利根川会長手作りの子供用布マスクがプレゼントされました。

 参加した母親は、「たくさんサツマイモが収穫できて、子供も喜んでいたので、良い体験ができた。今日いただいた料理を自分でも作ってみようと思う」と笑顔で話していました。

ご感想ご意見等のお問い合わせはこちらからお願い致します。

組合員の皆様へはこちら