きらり君
閉じる

JA北つくば

組合員の皆様へ

准組合員の意思反映・運営参画に向けて訪問活動を実施

 JA北つくばは11月中旬、准組合員の意思反映・運営参画に向けた取り組みとして、准組合員向け広報誌とオリジナルの卓上カレンダーを、JA職員らが准組合員宅を訪問し約2700戸に配布しました。

 JAでは今年4月に、准組合員の意見を汲み取り、意思反映等に向けた具体的な対策を企画・立案して周知する活動を行う、准組合員専門プロジェクト委員会を立ち上げました。そして、訪問活動に向け毎月同委員会を開き、協議を進め、昨年も行った広報誌とカレンダーの配布を企画しました。

 広報誌の内容は、食のサポーターとしての理解を深めてもらおうと、野菜の作り方やJAで取り組んでいる料理動画の紹介、JAファーマーズマーケット「きらいち」のイベント情報や旬の農産物を掲載しました。また、意思反映に向けてアンケートを行い、回答者には抽選で「きらいち」で使える商品券をプレゼントします。

 卓上カレンダーでは、JAの取り組みや地域貢献活動を掲載した他、JA管内(筑西・桜川・結城市)で栽培されている農畜産物使った料理を紹介し、QRコードを読み込むと、JA北つくばのホームページの中にある、「キラッとレシピ」にアクセスされ、動画で作り方が視聴できます。

これらを受け取った准組合員の歌野真弥さん(32)は、「地域の住民として、地元の食材を食べて応援していきたい」と話していました。

JAでは、今後も同委員会の中で、SNSを活用した情報発信や准組合員意見要望調査に関する協議を進めていく方針です。

ご感想ご意見等のお問い合わせはこちらからお願い致します。

組合員の皆様へはこちら