きらり君
閉じる

JA北つくば

育児応援!「はだしっ子」

親子で楽しくサツマイモの苗植えに挑戦

 JA北つくば子育て支援センター「はだしっ子」は25日、企画あそび「サツマイモの苗植えとフラワーアレンジメント」を、JA北つくばファーマーズマーケット「きらいち」筑西店に隣接する農場で開きました。JA管内で子育て中の親子8組18人が参加しました。

 サツマイモの苗植えでは始めに、同センターの古橋成美センター長が、サツマイモの定植方法を説明し、「浅く植えるとサツマイモが育たなくなってしまうので、土を掘って深く植えてほしい。個数が多く収穫できるよう斜めに植えてみよう」と親子に話し、ベニアズマの苗を手渡しました。子供たちは、苗を手に元気よく畑へ入ると、母親と一緒に土を掘り、「植えるの楽しい」「いっぱい植えられたぁ」などと話し、約200本の苗を定植しました。

 フラワーアレンジメントでは、JA北つくば管内で生産されている、トルコギキョウやバラ、小菊、鳴子ランの4種類の花を使い、親子で自由にオアシス(吸水スポンジ)に挿して、フラワーアレンジメントを完成させました。

 また、最後には、JA北つくば女性部の利根川秀子会長と竹内みゆき副会長手作りの、かまどで炊いたおにぎりやからあげが親子に手渡され、利根川会長手作りの手ぬぐいで作ったエコバッグがプレゼントされました。

 参加した母親は「普段あまり土に触れたりすることがないので新鮮だった。収穫が楽しみ」と笑顔で話した。

 今回植えたサツマイモは、10月の企画あそびで収穫する予定です。

ご感想ご意見等のお問い合わせはこちらからお願い致します。

育児応援!「はだしっ子」はこちら