きらり君
閉じる

JA北つくば

組合員の皆様へ

准組直売所モニターに旬の梨をプレゼント

 JA北つくばは、8月から准組合員直売所モニター制度を始めました。6月からチラシや准組合員向け広報誌などで同モニター募集の周知をした他、JA北つくばファーマーズマーケット「きらいち」プレミアムポイント会員や准組合員広報誌アンケートの回答者に募集案内を送付。JA管内(筑西市・桜川市・結城市)の准組合員58人がモニターに参加します。

 この取り組みは、JAの直売所に関する意見・要望・提案を直売所に反映させるとともに、地域農業の応援団(食のサポーター)としてJAに対する意見をもらい、准組合員の意思反映につなげていくことが目的です。モニター期間は、来年3月まで。JAの事業や直売所に関するアンケートに計4回回答してもらいます。モニター参加者には、JA管内で生産されている旬の農産物を2回プレゼントする他、期間終了時にはJAで使える商品券を進呈します。

 8月中旬には、1回目となるアンケートを実施。「きらいち」の利用頻度や満足度、直売所を選ぶ際に重視する点、普段の買い物先、直売所の魅力などの質問を用意しました。アンケートの回答では、商品の鮮度やおいしさ、品ぞろえなどの評価は高く、レストランや喫茶などがあると嬉しいという意見もありました。

 第1回目の農産物のプレゼントでは、9月中旬に旬の梨「豊水」を准組合員専門プロジェクト委員(JA職員)がモニター参加者の家を訪問し、直接手渡しを行いました。

 梨を受け取ったモニターの大類篤子さんは「きらいちで販売している農畜産物は新鮮でとてもおいしいので、いつも利用している。JAの力になりたいと思いモニターに参加した」と話していました。

 JAでは毎月1回、准組合員専門プロジェクト委員会を開き、意思反映・運営参画に向け、具体的な対策を協議しています。10月には、准組合員向け広報誌「きらら」を配布する訪問活動を行う予定です。

ご感想ご意見等のお問い合わせはこちらからお願い致します。

組合員の皆様へはこちら